2次会ストーリー オフィシャルブログ

二次会の予約人数変更(キャンセル)について

二次会の予約人数変更について

はい!こんにちは二次会ストーリーでございます。

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

今回のブログは新郎新婦様・幹事様
からお問い合わせ・ご相談の多い
予約人数の変更について。

二次会の参加人数って把握しにくいですよね?

中々、返事のくれないゲストや
気分が乗ったら行くね!みたいな

 

 

横浜,二次会,会場,代行

 

 

ゲスト様まで様々かと思います。

基本的な予約人数についての
ルールはどこの二次会会場も以下の通りとなっております。

大前提としては…披露宴の予約の仕組みと何ら変わらない!という所がポイントになります。

 

 

 

 

二次会の予約人数についてのルール

1 → 原則、予定日の7日前に予約人数を固めて頂き7日前には予約する必要があります。
ただ、注意すべきなのは最低保障人数を上回る予約が必要です。

最低保障人数について → https://zenkoku.2jikaistory.com/blog/10104257/

二次会の予約人数についてのルール
2 → 予定日の7日前に予約人数を会場に伝えた後は原則的には人数変更はNGとなっています。

二次会の予約人数についてのルール
3 → 予約人数を7日前に伝えてどうしても人数変更がある場合は二次会会場に相談してみましょう。

二次会の予約人数についてのルール
4→7日前に予約した人数よりキャンセルが出て参加人数が少なくなった場合でも予約人数分の費用の支払いが必ず必要になってきます。

二次会の予約人数についてのコツ
当日のキャンセルが心配な新郎新婦さま・ゲストさまは
予め少なくゲストを予約するのも1つの策です。

 

 

 

ラブセントラル,リバーワンダーランド,結婚式二次会,淀屋橋

 

 

 

披露宴と異なりフルコースではありませんのでビュッフェ形式なので
比較的、人数を少なめに予約しても影響は少ないかと思います。

ですがその分、料理は少なくなるので慎重な判断が必要です。

この場合、最低保障を下回る予約は出来ませんのでご注意ください。

色々とまとめさせて頂きましたが
基本的には7日前に予約した人数は当日、きっちり参加頂きその分の費用が必要になります。

 

というそんなに難しくは無い仕組みとなっております。

二次会の予約人数に困った際の参考になれば幸いです。

コメント

現在コメントを受け付けておりません。

2次会Storyはこんなカップルにおすすめ!!

友人に幹事を頼めそうな人が居ない!

◆友人に幹事を頼みにくい
◆友人には幹事の仕事を任せず楽しんでほしい!
◆司会を任せたいが断られる。
◆友人に幹事を相談して嫌な顔をされるのが嫌だ!


二次会の準備を行う時間がない

◆結婚式、披露宴の準備が急がしてくて二次会の準備ができない
◆新郎、新婦、幹事の時間が合わずなかなか二次会の打ち合わせが進まない
◆景品の買い出し、二次会会場を探す時間が無い


何をしたらいいか分からない

◆ゲームがビンゴしか思いつかない
◆進行、内容もありきたりなものしか思い浮かばない
◆サプライズも企画したいけど不安ばかり
◆来てもらったゲストにもしっかり満足してほしい


二次会幹事代行会社に相談したけど他社が高すぎたというカップル

◆社の二次会幹事代行会社に行ったけど予想よりも高くつきそう
◆ゲームや進行や景品を決めるたび見積もりがあがると言われた


こんなお悩みをもつ、そこのカップル
幹事様は下記よりお気軽にお問い合わせください♡

お問い合わせはこちら