2次会ストーリー オフィシャルブログ

意外と知らない?ウェディングケーキの演出方法

結婚式に欠かせないもののひとつにウェディングケーキがあります

もともと結婚式にウェディングケーキが使われるようになった由来は諸説ありますが

古代ギリシャでは新郎新婦が一つのパンをちぎって分け合って永遠の愛を誓うといったものや

悪魔が甘いものを嫌うという言い伝えから、魔よけとして使われていたり

なじみが深いといえば「幸せをみんなで分け合う」といった意味が込められていたりと

結婚式にウェディングケーキは必要不可欠となりました。

 

そんなウェディングケーキの演出方法についてご紹介したいと思います。

演出といえば、ケーキ入刀やファーストバイトなどが一般的に有名ですが

意外と知らなかった意味や色んな演出方法もあったりするんです

 

・ケーキカット(ケーキ入刀)

誰もが一度は目にしたことがあるケーキカットには

「初めての共同作業」やケーキを二人で切り分けることで「幸せのおすそ分け」といった意味が込められています

二人で仲良くケーキを切り分ける姿は定番のシャッターチャンスでもありますね

 

・ファーストバイト

これも定番の新郎新婦様がカットしたケーキをスプーンでお互い食べさせあう演出です

 

新郎から新婦へは

「一生食べ物には困らせない」

新婦から新郎へは

「一生美味しいご飯を作ってあげる」

 

という意味が込められています。

・サンクスバイト

「今まで育ててくれてありがとう」の感謝の気持ちを込めて

新郎新婦からご両親にケーキを食べさせてあげるというもの

今までお世話になったご両親に感謝を伝えるとともに。大人になって今一度

ご両親の愛情を確認できる素敵な演出です。

 

・お手本バイト

その名の通り新郎新婦がケーキカットしたあとファーストバイトの前に

ご両親がお手本としてケーキを食べさせあうといったものです。

先輩夫婦としてのお手本ってことでご両親に頼まれる方が多いですが

ご友人に頼まれる方もいらっしゃいます。

仲睦まじいご両親のお手本をしっかり見て新郎新婦様もこんな夫婦を目指そうと思える

好評の演出です。

 

・ビッグスプーン

ファーストバイトにおいて、新婦から新郎へ食べさせる際に

インパクト抜群の大きな大きなスプーンを使う演出。

新郎が大きく口を開けてもこぼれんばかりの新婦様の愛情たっぷりの「あーん」

に思わず会場内には幸せな空気でいっぱいになります。

 

・ラストバイト

ご両家のお母さまから新郎新婦へケーキを食べさせる演出です。

ラストと聞くと寂しい気持ちを感じてしまいますが、新郎新婦がお母さまに今まで大切に育ててくれた感謝を伝える

意味もあり、親御様は生まれた時から大切に思ってきた我が子に食べさせる最後の一口ということで

とても感動的で素敵な雰囲気にさせてくれます。

などなど・・・

 

他にもオリジナルの演出などを考えられたり、サプライズを計画したりと

ウェディングケーキの演出は新郎新婦様のアイディア次第で会場の雰囲気を大きく動かせるポイントですので

納得のいく素敵な演出を選んでみてはいかがでしょうか?

コメント

現在コメントを受け付けておりません。

2次会Storyはこんなカップルにおすすめ!!

友人に幹事を頼めそうな人が居ない!

◆友人に幹事を頼みにくい
◆友人には幹事の仕事を任せず楽しんでほしい!
◆司会を任せたいが断られる。
◆友人に幹事を相談して嫌な顔をされるのが嫌だ!


二次会の準備を行う時間がない

◆結婚式、披露宴の準備が急がしてくて二次会の準備ができない
◆新郎、新婦、幹事の時間が合わずなかなか二次会の打ち合わせが進まない
◆景品の買い出し、二次会会場を探す時間が無い


何をしたらいいか分からない

◆ゲームがビンゴしか思いつかない
◆進行、内容もありきたりなものしか思い浮かばない
◆サプライズも企画したいけど不安ばかり
◆来てもらったゲストにもしっかり満足してほしい


二次会幹事代行会社に相談したけど他社が高すぎたというカップル

◆社の二次会幹事代行会社に行ったけど予想よりも高くつきそう
◆ゲームや進行や景品を決めるたび見積もりがあがると言われた


こんなお悩みをもつ、そこのカップル
幹事様は下記よりお気軽にお問い合わせください♡

お問い合わせはこちら