2次会ストーリー オフィシャルブログ

会費制ウェディングにご祝儀袋は必要なのか?

会費制の結婚式に招待された場合、意外と迷いどころなのがご祝儀に関することです。

2次会とは違ってフォーマルな1,5次会では

 

会費をご祝儀袋で包んだほうがいいのか?

会費とは別にご祝儀をお包みするべき?

 

といった疑問が出てくると思いますが

はっきり言って必要はありません!

 

会費制ウェディングを選ばれる新郎新婦様はできるだけゲストの負担を減らして、気兼ねなくパーティーを楽しんでもらいたいと考えています。

会費額もできる限りゲストの皆様に負担にならないように配慮して設定しているので

会費制ウェディングに参加する場合の会費は、ご祝儀袋や封筒にも包まずお釣りの出ないような形で用意するのが手間がかからずスムーズに進みます。

新郎新婦様への祝福の気持ちとしてご祝儀をお渡しする場合は

贈り物に変えてお渡しするのが一番良い形になります。

ただ贈り物をする際はできるだけ当日持参するのではなく、後日配送や郵送の形を取るのが

余計なトラブルも起きにくく、当日の新郎新婦様のお荷物を増やしてしまう心配もないので安心です

 

当日は財布から直接、お釣りのでないようにに用意するのがベスト

 

会費制結婚式に参加される際はぜひ覚えておきましょう。

 

 

しかし会費以外にもご祝儀袋をお渡しするケースがいくつかあります

 

・会費制結婚式を欠席する場合

会費額の半額程度のプレゼントを別日に渡す

 

・以前に自分の結婚式でご祝儀を頂戴していた場合

ご祝儀と会費額の差額相当のお祝い金やプレゼントを別日に渡す

こういった場合でもご祝儀を渡さなくても失礼には当たりません。

どうしても気になるようでしたら上記のように別日にプレゼントという形で

お送りするのがおすすめです。

 

・親族でご祝儀を渡す場合

招待された親族の方がご祝儀を渡したい場合は事前、もしくは別日にお渡しするケースが多いです。

 

 

基本的にはこのようなケースがありますが

その他のケースがあったとしても

会費制結婚式の当日にはご祝儀の気遣いが不要ということを知っていただければと思います。

コメント

現在コメントを受け付けておりません。

2次会Storyはこんなカップルにおすすめ!!

友人に幹事を頼めそうな人が居ない!

◆友人に幹事を頼みにくい
◆友人には幹事の仕事を任せず楽しんでほしい!
◆司会を任せたいが断られる。
◆友人に幹事を相談して嫌な顔をされるのが嫌だ!


二次会の準備を行う時間がない

◆結婚式、披露宴の準備が急がしてくて二次会の準備ができない
◆新郎、新婦、幹事の時間が合わずなかなか二次会の打ち合わせが進まない
◆景品の買い出し、二次会会場を探す時間が無い


何をしたらいいか分からない

◆ゲームがビンゴしか思いつかない
◆進行、内容もありきたりなものしか思い浮かばない
◆サプライズも企画したいけど不安ばかり
◆来てもらったゲストにもしっかり満足してほしい


二次会幹事代行会社に相談したけど他社が高すぎたというカップル

◆社の二次会幹事代行会社に行ったけど予想よりも高くつきそう
◆ゲームや進行や景品を決めるたび見積もりがあがると言われた


こんなお悩みをもつ、そこのカップル
幹事様は下記よりお気軽にお問い合わせください♡

お問い合わせはこちら